配筋写真管理

建設工事写真管理システムによる管理業務効率化
建設工事写真管理システム
による管理業務効率化

躯体工事における鉄筋工事。
その施工管理で一番手間が掛かるのが配筋写真管理です。
管理基準は益々厳しくなっており、業務のウエートは以前より増えております。
大浦工測の配筋写真管理サービスは、データ作り、撮影、整理、帳票の打ち出しまでトータルサポート致します。(ソフトウェアのみのレンタルも承っております。)
東京近郊の大手スーパーゼネコンを中心にご利用して頂いております。

特徴

建設工事写真管理システム PHOTOMASTER Plus
帳票出来形サンプル

※帳票出来形サンプル

フォトマスタープラスは、配筋写真の撮影・整理にかかる管理業務の効率化を図ることを目的とした建設工事用途の写真管理ソフトウェアです。
データ化した図面をスマートフォンやコンパクトカメラに取り込む事ができ、現場で確認ができます。
従来のように重たい図面を持ち歩く事がなくなり、現場で断面図を書く手間が省けます。

■詳細情報(詳しくは、メーカーのホームページをご覧ください)

建設工事写真管理システム「PHOTOMASTER Plus」
iOS 用工事写真撮影アプリ「現場DE カメラ」

作業の流れ

作業の流れ:1.データ化>2.現場写真撮影>3.写真整理、帳票打ち出

鉄筋断面図を各部材にごとにデータ化しカメラに転送。

カメラに取り込んだデータを選択し、撮影する写真と関連付けすることが可能。

関連付けされた写真は提出用にレイアウトされたソフト上の画面に自動転送。
あらかじめデータ化することにより、従来の帳票整理の業務が大幅に効率化。

この技術・サービスの実績を見る

お問い合わせ・カタログ

配筋写真管理に関するお問い合わせ、およびカタログをご希望のお客様は下記より受け付けております。