プラント計測サービスのご案内

3D技術の活用が進み、複雑なプラント設備の情報管理や運用に大いに役立たれています。

しかし既存図と現状配管が一致しない図面や図面自体が無い施設はまだまだ沢山あります。

さらに、広い敷地内の設備機器を一つに統括するには測量で全体の整合性を取らなくてはなりません。

3Dレーザースキャナー計測は従来のように高所や立ち入り禁止の場所、高温の機器に触れることなく計測が可能。

設備機器や配管など新設、増設、老朽化による交換の際の位置確認、既存物との干渉チェック、工事に伴う仮設計画、作業手順書作成用の素材など、3D化することにより施主や作業員に対しても視覚的に理解できるデータとして役立たれています。